住宅と災害

住宅と災害 住宅を襲う5つ(地震、台風、土砂災害、火災、白蟻)の災害

<地震篇>

住宅を襲う地震災害
住宅を襲う地震災害

 世界に占める国土面積がわずか0.25%でしかない日本にもかかわらず、世界で発生するマグニチュード6以上の地震の、実に20.8%が日本で発生しています。地震大国日本で巨大地震から「命と財産を守る」家選びは重要です。詳細はコチラ

<台風篇>

住宅を襲う台風災害
住宅を襲う台風災害

 住宅災害の天敵、台風。全壊被害は少ないものの、一部損壊でも数十万円から数百万円の修繕費が必要です。温暖化の影響か、年々巨大化する台風災害にどう対処するのか。台風は毎年発生します。詳細はコチラ

<土砂災害篇>

住宅を襲う土砂災害
住宅を襲う土砂災害

 各県の土砂災害危険区域をご存知でしょうか?国土面積の約7割が山地・丘陵地の日本は、土石流や崖崩れが起こりやすい地形となっています。毎年多くの土砂災害が発生し、多くの人命を奪っています。詳細はコチラ

<火災篇>

住宅を襲う火災災害
住宅を襲う火災災害

 毎年5〜6万件発生する火災。自宅が30年以内に火事になる確率は50人に1人と言われています。そのうち約20%は放火が原因・・・燃えない家の重要性が増しています。詳細はコチラ

<白蟻篇>

住宅を襲う白蟻災害
住宅を襲う白蟻災害

 木造住宅に忍び寄る魔の手は「白蟻」です。最近は「イエシロアリ」や「ヤマトシロアリ」といった在来種に加え、これまでの防除が効かない外来種の被害が増えています。阪神淡路大震災で倒壊した8割以上に白蟻被害があったと発表されています。詳細はコチラ
ページトップヘ